学校長あいさつ

世界を舞台に
しなやかにたくましく
“自分らしく”活躍できる力

豊島岡女子学園中学校・高等学校は1892(明治25)年に創立され、2022年5月1日に創立130周年を迎えました。生徒たちが多方面で多様に活躍する現在の豊島岡を象徴し、生徒一人ひとりがもつ「一能」を讃えあえる記念事業として、有志の生徒による「創立130周年記念演奏会」と「記念グッズの作製」などを行いました。

豊島岡は、建学の精神を引き継ぎ、人としての正しい道と思いやりの心を大切にし、努力を積み重ね、才能を伸ばす教育を行ってまいりました。「毎朝5分間の運針」は、集中力を高め無心になり、コツコツと努力を積み重ねることの大切さを身をもって知る、70余年の伝統です。

そして、豊島岡は、生徒たちの現在のみならず、未来に向けた成長を導く教育を目指し、新しいチャレンジを続け、常に進歩し、生徒とともに成長していく学校でありたいと願っています。「志力をもって未来を創る女性」の育成を掲げ、予測困難な時代にあっても、一人ひとりの生徒が高い志を抱き、それを実現する力を身につけ、世界を舞台にしなやかにたくましく、“自分らしく”活躍できるよう育ててまいります。

豊島岡には元気で前向きな生徒たちがたくさん集まっています。誰かに気兼ねすることなく、何にでも本気で打ち込め、互いに切磋琢磨して成長していく雰囲気があります。中学1年生から高校3年生まで全員参加の「クラブ活動」や生徒による自主的な「学校行事」も盛んです。生徒一人ひとりの人間力が磨かれる場であり、“女子だけ”であらゆる行事を成し遂げていく中で培われるリーダーシップとフォロワーシップは、社会に出てその真価が発揮されていくものと信じております。

豊島岡での生活を通して、親しい友人を作り、ともに勉学・クラブ活動・学校行事に励み切磋琢磨することは、私自身がそうだったように、皆さんにとっても“一生涯の宝”になるはずです。

「自らを高めたい、様々なチャレンジをしてみたい!」という意欲ある皆さんを、私たちは全力でサポートしていきたいと願っています。

見学にいらした際には、生徒作の「グッズ」にもお目を向けていただきたいと思います。

 

2022年7月
第7代校長 竹鼻志乃